大型運転免許とは

大型運転免許で乗れる車

運転免許には様々な種類があり、運転免許の種類によって運転できる車の種類が限られてきます。おおよその人が取得している普通自動車免許では、普通自動車や小型特殊車両、原動機付自転車を運転することができますが、大型の車を運転することはできません。大型の車を運転して、業務に生かしたいと考えるのならば、大型運転免許を取得する必要があります。大型自動車とは、車両総重量11,000kg以上、最大積載量6,500kg以上、あるいは乗車定員30人以上の四輪自動車と定義されています。普通の自動車と比べて、車体は長く、幅も広ければ、高さも高い、サイズが大きい車です。ものによっては、普通自動車の3倍ほどの大きさがあるものもあります。

車の動き自体がゆったりとしており、カーブを曲がるときの前輪と後輪が通過する位置のズレである内輪差が大きく、運転席も前タイヤの上付近にあるなど、普通自動車とは大きく異なることから、普通自動車にはない運転間隔を必要として、非常に運転が難しいです。加えて、車の周囲の死角も非常に多く、十分な安全確認をしなければ、重大な事故に直結する可能性が大いにあります。これらのことから、大型自動車を運転する際には、大型自動車免許が必要不可欠となります。

これらの大型自動車は、普通自動車とは異なり、日常生活で使われることはほぼありません。おおよその場合は、人や荷物の運搬のために使われる業務用の自動車となっており、取得する人もそれらの業務に携わる人々がほとんどです。 大型自動車免許は、大型の自動車を運転するためだけの運転免許のように感じられますがそのようなことはありません。大型自動車はもちろんのこと、様々な車を運転することができます。その範囲は、大型自動車、中型自動車、準中型自動車、普通自動車も運転できるほか、小型特殊自動車、原動機付自転車を運転することが可能です。

ただし、普通自動二輪や大型特殊自動車を運転することはできません。

大型自動車免許の取得の仕方

大型自動車免許は、特別な免許であり、免許取得のために様々な条件があります。まず前提条件として、普通自動車免許か大型特殊免許を取得していて、免許停止期間を除く免許経歴が通算3年以上なくてはならず、そのことからも満21歳以上でなければ、免許取得の試験を受けることもできません。視力は両目で0.8以上で、聴力に異常がなく、交通信号機の色を識別できることも前提条件です。大型自動車免許は、指定自動車教習所に通い運転免許試験場で試験を受けることによって取得することができます。

指定教習所にて、適性検査を受けた後、技能講習・試験を受けて、技能卒業検定を受けた後で、試験場で適性検査と免許取得申請を行います。問題がなければ、免許が発行されるでしょう。

大型自動車免許まとめ

大型自動車免許では、普通自動車をはじめとして様々な車両を運転することが可能です。普通自動車に比べ運転が難しい自動車ともいわれています。業務用がほとんどで、企業で取得支援をしていることもあるので、制度を使い、免許取得に取り組んでください。

Copyrightc 2016 Genesis Corporation All Rights Reserved.